トイレの手すり取り付け

仲建設 代表の堀尾です。

以前お世話になりました オーナーのお客様から
リフォーム工事の依頼を受けることが多くなりました。

建てた家に何十年も住んでいると 新築時では予想できなかった
事態に応じて リフォーム工事が必要になる場合があります。

お施主様の高齢化による住まい方の変化もその一つです。

今回は26年前に建築させていただいたお客様の依頼により
トイレ 階段 浴室に 手すりを設置させていただきました。

今回の報告は トイレの手すり工事です。

26年前はトイレの壁はタイルが主流でした。
タイル貼りの場合は 手すりの指示金物を固定する下地材の位置が解りません。
下地の入っていない場所に金物を固定すると後々 金物が取れてしまいます。

こういう場合は まず化粧の木材を壁面に固定して
その 木材に 手すりを取り付ける 工程になります。

狙う下地の場所は ズバリ 柱 です。
柱(タイルの下に隠れています)にビスでしっかり木材を固定すれば
安全性は高まり 責任をもって 手すりは取り付けられます。

柱の位置に タイルの上からビスをねじ込み しっかりと固定させます。
DSCN0588.jpg
DSCN0591.jpg

その後 手すりの支持金物を取り付け

堀尾が 手すりの高さを最終確認をして

工事終了になります。

DSCN0599.jpg

手すりはお客様の安全を守る大切なものですので
頑強に取り付ける必要があります。