地球民家と東濃檜

堀尾です。

地球民家では
柱 土台 梁 と、いわゆる主な構造を形成する部材に
東濃檜を使用しております。

私はこの材料が日本の風土に最も適した建築材料ではないか、
と考えております。 

強度に優れ、腐りにくく、 
何よりも檜は原木を切り取って加工製材した後、
100年から200年かけて強度を増し続けるという不思議な木なのです。

針葉樹特有の暖かい肌触り、ピンク色の美しさも特筆です。 

そんな宝石のような材料を惜しみなく使用し、100年以上保たせる。

構造材を隠さずそのまま見せることによる
本来の檜の美しさ、そして時の流れと共に変化する
素材の風合い、が楽しめる地球民家は、
私たち日本人にとって心安らげ、家族が自然と集まれる
現代の民家ではないでしょうか。

017.jpg