今だからこそ リフォームにも国産材を使いましょう。

8月23日の読売新聞より

政府は、国産木材を使って住宅を建てた人に、
家具や家電製品、地域通貨などと交換できるポイントを付与する制度を
創設する方向で検討に入った。 

との記事が載っていました。

新築での話ですが

国産材の流通活性化に国が動き出したことは 嬉しく思います。

弊社ではリフォーム工事でも 国産材のフローリングをお客様に勧めます。
今まで いわゆる ハリモノである合板フローリングを使用することは
施工も簡単 単価もお安く 良い点は ありますが

冬の寒い時期 梅雨時のジメッとする時期 夏の暑い時期
国産材である 杉 檜の フローリングは 真価を発揮します。

冬の      柔らかな暖かさ
梅雨時の   さらさら感
夏の      ひんやり感

これらは合板フローリングでは 味わうことが出来ない 国産無垢材の最大のメリット

この国で育った木材は この国の風土に対して 高い耐久性と心地良い質感を与えてくれる

そうは 思いませんか?

今だからこそ リフォーム工事でも 国産材を使用しましょう。