我が家は生き物だらけ

こんにちは、現場監督の猪飼です。

今回は、最近の我が家の二人の息子についてです。

我が家には3人子供がいます。
真ん中と一番下の息子が、とにかく生き物を家に持って来るのです。

カブトムシ、クワガタ、ザリガニ、トカゲ、おたまじゃくしなどなど、
捕まえることに、夢中になってます。

ただ捕まえるだけなら許せるのですが、それを持ち帰って来るのには、
少々頭を痛めてます。

結局面倒を見ることが出来ずに、死なせてしまったり、
私と妻が面倒をみることになってます。

私は、ついつい頭ごなしに息子達を叱るのですが、
妻は、虫や動物の面倒をみる事を通して、命の大切さわからせるために、
このまま様子を見ようと言います。

先日、「何でえさをきちんとあげないの?えさをあげないと
生き物は死んじゃうでしょ?
あなた達も今日から、ご飯抜きにしようか?」と息子達に、妻が話をしてました。

その様子をこっそり見てたのですが、子供達が自分のお小遣いを使って、
えさを買ってきているのを見て、子供達はこうやって少しずつ
大人になっていくのかなーなんて感心してました。

そういえば、私も子供の頃に、家に生き物を持って帰って
よく母親から叱られてました。

そうゆう所は、やっぱり親に似ちゃうんですかねー?