屋根の改修工事始まりました。②

こんにちは、猪飼です。

今回は前回に引き続き、一宮市でおこなっている屋根の改修工事の現場の報告をします。

お客様の一番の心配事であった、耐震にからむ屋根の重さについて、土葺きから今回のFRP瓦に
替えることで、重量は約10分の1まで軽くすることができました。陶器瓦自体の重さに加え、土の占
める重さの割合がとても大きくなってしまっていました。

ya.11.jpg ya.12.jpg

土を取り、その下の杉皮を撤去すると、防水シートが敷いてあり、その下の野地板の状態にします。
さらに野地板が重ねて張ってあるため、不陸の調整を含めたレベルの確認をします。

ya.14.jpg ya.13.jpg

レベルの調整をおこない、その上から構造用合板を重ね張りします。

ya.15.jpg ya.17.jpg

ya.16.jpg

そしてその上からゴムアスファルトルーフィングを敷き、鼻先の役物から順番にFRP瓦を葺せて
いきます。棟の部分はさらにゴムアスファルトルーフィングを敷き込みます。

ya.18.jpg ya.19.jpg

下から見たり、少し離れて見てみても、本物の陶器瓦と違いが分からないほどです。
今回の工事は、大屋根部分だけでしたが、下屋の陶器瓦と比べても違和感なく納めることができました。

今回のような屋根の葺替え工事をはじめ、耐震改修工事もたくさんやっています。
耐震について心配なことや、相談がありましたらお気軽にお声掛けしてください。