ベランダの防水工事をおこないました。

こんにちは、猪飼です。

今回は、ベランダの防水の再施工の報告をします。

みなさまがお住まいのお宅にも、ベランダや屋上あるかと思います 。

特に雨風に晒される場所にあり、経年劣化により再施工が必要となります。通常10年を、保証期間と
定めている施工会社が大半です。

それでは、今回の施工報告をします。

今回は既客のお客様のお宅で、2度目の再施工となります。
表面のトップコートのひび割れ、シートの部分が浮き、その下に水がまわってしまっていました。

y.01.jpg  y.02.jpg

y.04.jpg  y.05.jpg

まずはしっかりと高圧洗浄してから、浮いている部分や、悪い部分を撤去します。

y.06.jpg  y.07.jpg

樹脂モルタルによる下地調整を行い、良く乾燥させてプライマーを塗っていきます。

y.08.jpg  y.09.jpg

y.10.jpg  y.11.jpg

次に絶縁シートを貼り、脱気盤の取付をおこないます。
防水層を2回塗ります。立ち上がり部分も丁寧に素早く塗っていきます。
そして最後にトップコートで仕上げて工事完了です。

劣化が進むと、防水層にヒビが入ったりして雨漏れの原因となりますので、特に注意が必要です。
10年を過ぎる前に、ヒビが入っているところがないか、浮いてしまっているところがないかなど、自己
診断をしてみることをおすすめします。

防水工事について、ご質問、お問い合わせのある方は、ぜひお気軽に我社までご連絡下さい。