古き良き時代の物。

こんにちは、猪飼です。

私たちは日頃、新築の住宅を建てさせていただいています。

通常は、新しい材料で、新しいものを造るわけですが、新しいものでなくても良いものは
たくさんあります。

たとえば家を建替える場合、今まで住んでいた家にもたくさんの思い入れがあると思います。

特に築年数が古いお宅ですと、丸太の地棟であったり、大黒柱であったり、梁鴨居などと、
今ではなかなか手に入らないような材料も多く使われています。

na.01.jpg  DSC03127.JPG

その思い入れのある一部を、新しい住宅に取り入れたり、オブジェにしたりとか、活かす方法
はたくさんあります。

全てを新しいものにというのも、当然良いことですし、うれしいことだと思います。

しかし、古き良き時代のもの、特に思い入れのあるものを残し、新しいものと共存させることも、
私個人的にはいいのではないかと思います。

na.04.jpg  na.05.jpg

このようなことが出来るのも、われわれ工務店の強みだと思いますし、古き良きものを、新しい
ものと一緒に未来につなげていく、そういう気持ちも大切に、家造りに努めていきたいと思います。