シロアリシーズン到来です!

こんにちは、現場監督の猪飼です。

今回は、シロアリのお話です。

この地域には、「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の2種類のシロアリが生息しています。

「ヤマトシロアリ」は、4~5月に羽根アリが昼間に発生します。
「イエシロアリ」は、6~7月に羽根アリが夜、灯火に集まります。

シロアリの発見は、なかなか見つける事が出来ないのですが、
この羽根アリを見つけて判別する事で、発見できます。

また、シロアリの判別方法は、大きく分けて3つポイントがあります。
①胴体  シロアリは寸胴で、普通のアリはくびれている。
②触角  シロアリは数珠状で、普通のアリはくの字形。
③羽   シロアリは前羽と後羽の大きさが同じで、
      普通のアリは前羽が大きく後羽が小さい。

これから夏にかけて、シロアリの行動も活発になってきます。
シロアリを見かけてからの防蟻工事はもちろんですが、
予防という意味でも防蟻工事の再施工をおすすめします。

昔の薬品は結構強い薬を使用していましたので、10年くらい効力が
あるものもありました。その後効力が弱くなってきますので、保険という意味でも
施工された方が安心です。

現在は、薬品もあまり強くない物を多く使用しています。
我が社も、除虫菊の成分に近く調合した防蟻薬剤を機械を使って、
床下に散布し、ポーチ土間には、ドリルで穴を空けて土中に注入します。

090416b-01.jpgこの写真は、玄関ポーチのタイル部分に穴を空け、

その下の土の部分に機械を使って防蟻薬剤を注入

している様子です。

我が家も、リフォームをした時にシロアリの被害を発見しました。
シロアリの被害は、なってからでは費用も多くかかってしまいます。

ぜひシロアリの活動が活発になるこのシーズンに、我が家の
シロアリチェックをぜひぜひ行ってみて下さい。
よろしくです。