基礎工事はじまりました1

こんにちは、現場監督の猪飼です。

地鎮祭も無事終わり、これからいよいよ本格的な工事に入っていきます。

通常、事前に地盤調査をおこない、地盤が弱い場合は地盤補強工事と
なります。改良方法は、湿式柱状改良、乾式柱状改良、鋼管杭補強等
調査結果により改良方法が決まります。

今回このN様邸は、元地盤が堅く補強無しでも良いという結果でした。
これも運?なのかもしれません。

さっそく基礎工事に入ることとなり、まずは基礎を作るための丁張り作業
です。

na.10.jpg

建物の基準点の位置出しをおこない、境界杭からの離れ、基礎の寸法
、レベル等を確認し、貫に墨出しをします。

そして水糸を張り、各基礎部分の寸法、対角の寸法を確認します。
これが基礎を作るための基準となる大切な作業です。

na.11.jpg

丁張り作業が完了し、この丁張りを基準に掘り方作業にうつります。

底盤のレベルを確認しながら、外周部分、内部の土出しをおこないます。
そして砕石敷きをした後、転圧を掛け湿気が上がってこないよう防湿フィ
ルムを敷きます。

na.12.jpg

ここから基礎の配筋組みへと作業は進みます。

次回は基礎の配筋組みから続きをレポートしたいと思います。