まずは外部から②

こんにちは、現場監督の猪飼です。

今回も前回に引き続き外部の施工についての報告です。

前回は屋根工事について報告させていただきましたが、この後ベランダ
外壁と進んでいきます。

na.91.jpgna.92.jpgna.93.jpg

ベランダの施工ですが、まずはベランダ内の水を流すために、勾配を考え
床根太を加工し下地の施工をおこないます。

その後構造用合板を2重張りし、その上から12ミリのケイ酸カルシウム板
を張ります。ベランダの跨ぎ部分の寸法を確保し、一番高いところで30セ
ンチFRP防水が施工できるよう下地をつくります。

下地施工後、プライマーを施工部分全体に塗布し、乾燥後ポリエステル樹脂
を塗布し、ただちにガラスマットを貼り付けます。そして貼り付けたガラスマット
にポリエステル樹脂を合浸します。

そして脱泡ローラーを使い、十分に気泡を除去します。乾燥後トップコートを
塗布し完了です。

FRP防水施工完了後は、表面がサビやよごれが付かないよう養生をします。

ベランダの防水工事が完了しますと、次は外壁の下地工事と進んでいきます。

次回は外壁の下地工事から仕上げ工事までを報告します。