大工さんの内部工事②

こんにちは、現場監督の猪飼です。

今回は前々回の続きで、大工さんの造作工事を報告します。

構造部分の金物の取り付けや、外部仕舞が終わると、いよいよ内部の造作
工事に入っていきます。

n.01.jpg
n.02.jpg

まずは、外周面に断熱材を施工し、屋根の先行部分にはセルロースファイバー
という、吹き込み式の断熱工事をおこないます。

n.03.jpg

そして断熱工事終了後、天井の下地工事をおこないます。
野縁でならしを流した後、胴縁にて天井下地を組みます。

n.04.jpg
n%EF%BD%8E.05.jpg

天井下地が終了すると、仕上げがクロスの場所はプラスターボードで仕上げ、
化粧部分は、仲建設がよく使用している「長良杉」の羽目板を施工します。
「長良杉」は、節が非常に少なく、シロタが多い材料なので、見た感じも美しい
材料です。

nn.06.jpg

天井の工事が終了すると、次は壁の下地工事です。壁は、通りの不陸を防ぐ
ために、柱に直張りでボードを張るのではなく、胴縁にて下地を組んでから、
プラスターボードを張ります。

次回は階段、床張りと木工事完了に向けて造作工事が進んでいきます。
あと1回で木工事の報告は終了予定です。

次回もまたお楽しみに!