平屋と2階建て

風合、性能、効果をそのままに、いかにコストを落とす工夫がないかと考えつつ
その一方でコストが上がるが素敵なことを見つけてしまい、今日は?±0の西條です。

今回は平屋住宅のお話し。
万人とは言いませんが、理想の住まいとされています。
WEBで平屋と入れると出てくる出てくる・・・
ミサ○ホーム、セ○スイハウス、○ヨタホーム、ダ○ワハウス、パ○ホーム、、、
各メーカーも力を入れております。(あれ?一社だけ読めてしまう)
少子高齢化の影響が大きいのでしょう。
20160904_01.jpg

そんな理想に、私が弊社入社後(15年)に携わったのはたったの1軒でしたが、
来ました!現在、3組みの方より平屋の相談を受けています。

平屋のご縁がなかったのは、土地が最大の要因だと思います。
名古屋近郊という土地単価が土地を狭め、予算を奪います。
気に入った立地は土地が狭い(広いところは高すぎる)・・・平屋ではおさまらない。
2階建より3階建は高いのに、平屋は2階建より高い。・・・平屋ではコストオーバー。

そうなんです。平屋は意外と高い。このことについてご存じない方が結構多いです。
そのあたりのことを最近説明しているので、まとめてみます。

そもそも、何を見て安い・高いを判断しているでしょうか・・・
基本は総額だと思われます。では総額が同じだったら・・・・
きっと坪数で割って坪当たりの単価を比較されるかと思います。
これが文字通り割高であり、割安です。
価格が同じ胡瓜(きゅうり)5本と胡瓜3本と同じです。同じなら分かりやすい。
では茄子(なす)3本198円と胡瓜2本156円、どっちが割高か?
平屋と2階建てにも同じような関係があると思っています。
つまり、違うものを単純に比較できないというわけです。

それでも、比較するために同じ大きさの2階建と平屋建てを用意しました。
平屋  間口6間×奥行4間×1層=24坪
2階建 間口3間×奥行4間×2層=24坪
20160904_02.jpg
屋根の向きを変えるだけで随分印象が違います。
20160904_05.jpg

では何が違うのかを整理していきます。
「基礎」 「屋根」 「外壁」 「構造」 「廊下」 「階段」
この続きは後日ブログにて。