いっしょに家具をつくりましょう

設計の西條です。
今週末の台風の接近が心配です。
備えは大切ですが、風が強くなってから行うでは危険も伴います。
このあたりでは午前中に外のプランター、ゴミ箱、傘立てなど対策いたしましょう。
外出も出来る限り控えましょう。

本日は家具づくりについて書きたいと思います。
家具職人さんや作家さんがつくる家具はとても素敵で味わい深いです。
ミッドセンチュリーの家具も木の家にはよく映えます。
そういった家具ではなく、現場で大工さんはじめ、職人さんがつくる家具です。
こちらは出来合のものにないオリジナルの使い勝手を加え、木の家にも馴染むのでお勧めです。

最近はインスタグラムなど開いて、こんな雰囲気がいいなどイメージを伝えてやすいツールが存在します。イメージと使い勝手は別物なので、しっかりと検討し、お施主様自身も判断しなければいけません。
要望を確認して家具づくりもスタートしますが、私たちの提案する“造作家具”には多くの方の知恵が結集しているとも言えます。長くこのスタイルで取り組んできましたので、お客様と共に創り上げたアイデアは設計の思想に蓄積され、見学会において次のお客様にも触れていただきます。その創造する楽しさは、次のお客様へと継承されていきます。設計単独の考えではなく、多くの視点を持つことから、日々成長する“造作家具”をご覧ください。

インスタグラムで具体例を掲載しています。
『仲建設のインスタグラム』

また来週末は蒲郡でイベントを行います。工事途中ですが隠れて見えなくなってしまうところにスポットをあて、ご見学いただきます。ぜひお越しください。
『来週のイベント』