その木、ひのき。

設計の西條です。
息子の高校受験が終わり、結果発表を控えていますが、今年はコロナの影響でWEBで確認ができるとのこと。味気ないから時間をずらして見に行くのかと思いきやWEBで十分と全く行く気がない様子。回線の混雑がないことを祈ります。いやいや、志望校の合格を祈ります。

私たちが使う桧は樹齢約100年。

1本ずつ木こりの方が丁寧に伐倒します。

桧といえば、和風なイメージが強いかもしれません。
和風にはもちろん抜群に合うわけですが。

洋風には・・・意外にとても合います。
木目が優しく、上品に仕上がります。

そんな中でお伝えしたいのは、広葉樹とは異なり、柔らかく足触りが良いこと。日本に多く占めるのは針葉樹で、それらの樹種の特徴であり、桧は代表的な存在です。コンクリート、鉄はおろか、木材の中でも熱伝導率(熱の伝わりやすさ)が低く、年中通して心地良い表面温度で私たちの身体を支えてくれています。

是非、事務所やモデルハウスでも体感できますのでお越しください。