あなたはいつ着工?いつ完成?

設計の西條です。
今回は、建築工事の時期について。

バランス良く現場管理を行うことは理想です。
お客様の都合が何と言っても第一なので、調整はするものの
引渡の時期や着工の時期は皆さん良く似た時期になります。

着工で言えば、一番は節分明け。「今年は年回りが悪いから、年が明けたら。」
その次は夏休み後、もしくは夏休みと同時に。夏休み(大人の休暇は僅かですが)という時期を
工事にあてたり、工事前の片付けをするようです。
その他としては、3月・4月といったところで、理由は「暖かくなったら。」

では引渡の時期はというと、12月で年内に。「新年を新居で迎えたい。」ということ。
他には、「新年度は新しいところで。学校が。転校が。」と言うことで3月。
また、秋口である8月末から9月末ぐらいの間も多いです。つまり、節分明けの着工したお客様です。

着工を決めるのか、引渡を決めるのか、もしくは両方決まっているのか。
工期も大きな誤差がないので同時期に着工すれば、同時期の引渡となります。
弊社で工事をする場合、木造在来工法で5〜6ヶ月の工期を頂いています。

番外編として、時期にとらわれない人の場合、
年内完成の固定資産税を払いながら、所得税のローン控除を受けることをとるか、
年明け後完成で入居を遅らせて、固定資産税を1年先延ばしにするのか、
と言う選択もあります。
弊社の思いは、「弊社のつくった家に少しでも早く長く住んでほしい。」であります。

税源移譲により減少する住宅ローン減税に該当する方へのアドバイスは後日、行います。

先に述べたように、「秋口の引渡も多い。」ですが、今年はまさにそのようです。
8月の盆明けから9月にかけて4つの家が竣工し、引渡を行います。
お客様にご協力頂いて、引渡前には、見学会を実施させて頂きます。
さらに「大黒柱を選ぶ旅」等もあって、イベントが多く、賑やかになります。
是非この機会にパソコンの中から飛び出し、現場へと脚を運んで頂きたいと思います。

イベント情報はこちら

追伸:
次回は物づくりはやっぱり楽しい5「アンテナ工事」
TV2.jpg