引戸の5つの魅力

先日触れた”家庭向けの電力自由化”が本日より始まりました。
本日より見直し契約をした方は1%未満しかいないとのこと、”様子見もしくは無関心”というようなスタートとなりました。
小売電気事業者登録は全国でなんと266社。
価格競争はありがたいですが、無茶しすぎないところを願う99%側の西條英貴です。

設計をしていまして、検討事項の一つとして建具があります。
何処に入口をつけるか、どちら側につけるか、どう部屋をつなげるか。
弊社では引戸を多用しています。いまさら工務店として珍しいことでもありません。

tategu_20160401_1.JPG

先日、リフォームの相談を受けて、開戸(ドア)だらけの図面を見ました。
どうやって引戸にしようと考えてしまいます。
新築においてもプラン上どうしても開戸ができてしまう時、申し訳なく思ってしまいます。
引戸はそんなに素晴しいのか?利点は何なのか?
今回のブログはそんなことを考えてみました。

1.狭いところで威力発揮。

 狭いところでは引戸はつかない?そんなこともあります。
 引戸には引きしろが必要です。
 でも、狭いところだからこそ引戸にしたい。
 最近はアウトセットといって柱があっても引戸ができます。
 廊下で衝突なく通行できます。開き勝手による回りこみもなく快適です。

2.区切れるのにつながる感じ最高。

 開戸は入口として採用されていますが、
 引戸は本数を増やし間仕切りとしても採用できます。
 リビングに面した和室はできるだけ大きくつなげたい。
 普段オープンにしたいキッチンだけど、来客時は手元を隠したい。

3.引き加減が調整可能。

 少し風を通したいときに、半開きなどが容易にできます。
 小さなお子様がお昼寝したときに様子を伺いながらも
 こちら側の音を伝えにくくしたい。こんな時もは、10cm残し。
 これらの時に開戸だったら・・・「バタンッ」
 そんなドキッとする経験をしたこともありませんか?

4.大きく開けたい、接したい。

 このケースは2とそっくりですが、トイレで有効なものです。
 子供のトイレトレーニングに始まり、介護にいたるまで
 側面からのサポートは欠かせません。
 側面からの引戸の入口をつくれば、解決できます。
 より慎重になれば、2本引きをおすすめします。

5.スッキリ!枠なし、ノブなし、垂れ壁なし。

 最近は必要のない縦枠、圧迫感ある垂れ壁をなくしたりしています。
 もしこんな空間に垂れ壁があったら・・・
 空間のひろがりに大きな差が生じてしまいます。

もちろん開戸だからできる重厚感や格好良さはあります。
弊社なりにお客様のことを考えると
格好良さよりも使いやすさや安心を優先したい、提案したいとなります。
これが最大の魅力だと思います。