せまる完成現場見学会。

設計の西條です。

私の仕事は・・・設計をすることです。
設計とは・・・要望の確認から、役所調査、プランの作成・提案・修正、インテリア・エクステリアの打合せ、電気配線・照明計画、申請業務、といろいろあるわけです。
以前はここに大好きな完成現場見学会でのご案内がありました。
自身の設計に酔ってはいませんが、設計された細部にはお施主様との多くの物語が詰まっています。
意味があります。思いがあります。苦労があります。
その部分を聞かれると、嬉しそうに「待ってました」と説明するわけです。
もちろん、いろいろなお施主様がいるので、同調してくださる方、響かない方、いろんな反応をいただきます。
それぞれのこだわりは、その家のお施主様のためにあるので、響かないことも当然なことです。
そして、私は完成現場見学会から離れていきました。

私の仕事は設計をすることです。
会社の考えに賛同くださり、設計依頼をくださった方に最高のパフォーマンスをすることです。
今月、2件の現場が完成を迎え、見学会を開催させていただき、お施主様へのお引き渡しを行ないます。
どちらも十分に課題をくださり、悩み、悩ませ、つくりあげてきた”こだわりの家たち”です。

現在の完成現場見学会はどうしているのか・・・
担当した現場監督が中心になって、説明・案内をしております。
彼らもまた現場での熱い思いを持って、説明をいたします。
設計の視点だけで家はつくられるのではなく、監督が職人と真剣勝負でぶつかりあいながら家はつくられます。(喧嘩ではありません。それぞれのプライドを持って意見は出し合うという意味です)
そんな彼らに会いに来ませんか?もちろん、こだわった設計も見に来てください。

3月10日(土) 「カラマツとシラス壁と和紙が作り出す表情豊かな自然素材の家」
kansetsusyomeigawashiwoyasashikuterasu.jpg

3月31日(土)、4月1日(日) 「自然素材を活かした棟違いの家」
munetigaikarasasuhikari.jpg

上記の日程で行ないますので、興味を持っていただける方はクリックして詳細をご覧になってください。
そして、見学会にお越しになっていただいて、設計依頼をくだされば、私が登場いたします。
お会いできることを楽しみにしています。