確認飛行物体

最近立て続けに、ネットで購入したものに不具合が出てしまいました。
購入する時の手軽さとは逆に、手続きは何と面倒なこと。
やっぱりface to faceに限ると勝手なことを思っている西條英貴です。

さて今回は、10/29に家族で出かけた“名古屋市科学館”のことを書きます。


名古屋市科学館と言えば、
今年の3月19日に新館がオープンした
世界最大のプラネタリウムがあることでご存じのことと思います。

小学校以来のプラネタリウムでした。
ただし、1日6回行われる公演も、朝のオープンと同時に販売され、
昼には売り切れてしまいます。(以前はもっと早かった)

随分落ち着いてきたとは言え、
開場15分前の段階で800名分の行列ができていたそうです。
(9時30分に混み具合を電話で確認して向かいました)

何とか希望の13:50の“キッズアワー”のチケットが確保できました。
単身、電車で先回りして購入したのでした。

大人800円、子供0円のありがたい入場料と
1日では全部を堪能できないほどの展示・体験空間。
プラネタリウム以外にも十分な魅力があります。
(11月2日の出火で放電ラボはしばらく休演ですが)

座り心地の良い、回転するシートに身体を預け、
星座や惑星を堪能(勉強)してきました。
夜、空を見上げることを何年してなかったのだろうと考えながら。

そんな解説の中で、国際宇宙ステーションが
光の点ですが、肉眼で見えることを教えてもらいました。
点滅しない飛行機のようなイメージです。
(上空380kmもの上空を周回しているので、形が見られる訳ではありません)

11月に見えるのはあと4回。(11/3間に合いませんでした)
 □11月04日 17時19分頃から約4分間 最大高度20度  北→東
 □11月04日 18時55分頃から約1分間 最大高度28度  西
 □11月05日 17時57分頃から約5分間 最大高度84度  北西→真上→南東
 □11月07日 17時40分頃から約4分間 最大高度40度  西→南

ここだけ見たら、弊社のイベント案内みたいですが
自宅で空を見上げるイベントです。
ちなみに弊社のイベントはコチラ

国際宇宙ステーションの詳細については名古屋市科学館HPをご覧ください。

と言うわけで肝心の名古屋市科学館の様子は
情報誌と一緒に届く“西條伝説”にて。