3回目のオーナー会を無事終えて

1週間にわたり、レポートし続けて来ましたが
トリを飾るのは
ゲンバルンバでご存じだと思いますが
“凡人”の西條英貴です。

恥ずかしくて、とても見せられないっ!

実は昨年の和紙漉も凡人でした。
2年連続の凡人に来年は間違いなく返上しようと
燃えております。

本当に雨が降らなくて良かった。
メインの陶芸はともかく、雨により楽しみ方が随分かわってしまうイベントでした。
オーナー様皆さんのおかげで、
100%雨と思われた天候に、傘をさすことなく1日過ごすことができました。

私の感想です。


「終わってしまい寂しい。


 でも、沢山のパワーを


 いただきました。


 感謝です。」

以上です。

では、お越しいただいたオーナー様に裏話し。

元祖雨男は猪飼ですが、(これは表話です)
今年の桧の里ツアーで何故か私が雨男に任命されてしまったのです。
それ以降、多くのオーナー様が「西條=雨男」と信じ込んでしまっています。
これは間違いなく、今回の企画の総まとめ役である仲田が言い触らしているのです。
オーナー会企画・運営のスケジュール管理は仲田のお陰で問題ありませんでしたが。

まずは陶芸をテーマに場所選び。
団体を受け入れてくれて、他の見せ場があることから常滑市を選定。

“とこなめ散歩道”という散策できるコースが決め手に。
街並みを楽しむことはできましたでしょうか?

ただ歩くだけでは、、、田中のアイデアからオリエンテーリングを行うことに。

では早速、下調べ。
いつもはレクレーション担当は決まって田中。
盛り上げと事前準備は天下一品ですが
今回は敢えて外れてもらいました。
田中は今回は進行役のみのはずでしたが、
お子様に人気で額に汗して走っておりました。

猪飼、石川、私で現地入りし、コース確認とクイズになるようなモノ探し。
陶芸体験と食事処が思った以上に離れていて、確認して良かった♪
と話しつつ、当日、先導した私は2~3度、道を間違えてしまいました。
Uターンを嫌な顔せず、付いてきてくれてありがとうございました。

ナビゲーターに適任な方向感覚のずば抜けた猪飼は
今回は自ら一番後ろを歩き、迷子などが出ないよう、
危険監視役に。大きな心と体でオーナー様を見守っていました。


10問のクイズは、平均6点ぐらいになるように
3人で考えましたが、皆様、正答率が高いこと!
お子様に参加いただきたい思いでつくったクイズにも

あお~!

と大きな声で答えてもらい、皆ニンマリ。


食事は晴光さんのオススメでHPチェックして一目惚れ、阿雲さん。
お客様、そしてスタッフからも好評でした。
私と、となりに座ったヤマちゃんは「肉~」って、心で叫んでいましたが。
会計係はしっかり者の石川です。?計算高い?

他称カメラマンの加納はシャッターを切り続け、
沢山の笑顔を収めさせていただきました。
帰り際に渡した、エコなお土産を考えたのは加納です。

え?社長ですか。
社長は全体を見渡しつつ、オーナー様との会話を楽しみ、
注意の足らない私にサインを送っていました。


「来年もこんなメンバーで
 オーナー会を企画するのだ。
 ご期待ください。」



スタッフ紹介になってしまいました。