お客様にとっての家づくり

工事監督の田口です。
先日、岡崎市のお客様の引渡しを迎えました。
竣工写真の一部を貼らせていただきます。


陽射しがのびるLD 

間接照明と建具と勾配天井 

空間を照らす玄関収納

何もない状態から、多くの職人と共に造りあげた住まい。
無事引渡しを迎えられたことを嬉しく思います。
長いようで短く感じる工事期間には、お客様と職人と仲建設、それぞれ沢山の想いが積み重なっています。
木の家は、住むことで味わいが染み付いてきます。
長く大切に暮らし、豊かな生活をして頂きたいと思っています。

 

また家は引渡しと共に管理が始まります。
何も不具合なく住み続けることが理想ですが、時間が経てばメンテナンスが必要になります。
屋根や外壁、壁紙や設備機器の故障、防蟻処理や、ベランダ防水、間取りの変更など、必然的に迎える出来事もあれば、後々考えが変わり工事が必要になることもあります。
お客様にとって、仲建設がどんな時も身近な存在でありたいです。
気になることがあれば、いつでも相談してください。

 

下の写真はオーナー様宅にて、撮影したものです。
駐車場のコンクリート増設、シャッターの不具合等で依頼いただき、お邪魔させていただきました。
その際、展示会にむけて作成しているキルトを見せていただき、美しかったので撮影させていただきました。
構成、設計から作成にかけて、時間をかけてつくられた作品。
ピクチャーレールで飾られたキルトは、お客様にしかつくれない空間を作り出していました。

 

 

家族ごとに性別や人数など、それぞれ異なります。
性格も趣味も違えば、生活スタイルも違う家族に合わせた、一つだけの住まいを造るのが、注文住宅の意味だと思います。
家族にとって個人にとって、家づくりで大切にするものが何なのか。
向き合い考えることができれば、より良い家づくりができると思います。

仲建設は自然素材に包まれた、こだわりある家づくりをする工務店です。
興味のある方、ぜひ連絡お待ちしております。