季節と天気

朝目覚めて雨が降っていることに気づいた時、憂鬱な気分になります。
工事部の田口です。

週末からは雨が続きそうですね。
最近は強い日差しも落ち着き、心地よい風も流れていた為、快適さを感じていましたが来週は踏ん張りどころのようです。

季節や天気は、工事を進めていく上で重要な情報の一つであります。
雨が降るとできない作業・気温が低すぎるとできない作業・暑すぎる為に危険な作業…
現場では季節や天気によって多くの制限を受けることになります。
特に外部の作業では配慮する部分が多々あります。
その為天気を予測した工事の段取りが必要になってきます。

現場監督という仕事は、決められた工期を守った上で、設計士が打合せを経て考えだした図面やアイデアを職人さんの力をかりて「」にする仕事です。
その目標を果たす為には、考えうる情報は全て取り入れるべきであります。
季節や天気も然り。
必要な情報を取り入れ、業者の手配に活かすこと。これが大切なことだと思います。

話しは戻りまして、来週から天気が良くないとのことです。
台風のこともありますので現場の安全には配慮をしながら工事進めていきます。
写真は新築現場での一枚です。
DSCN1608.JPG
小さな現場監督。工事の進展も欠かさずチェック。
今の状態でいいから住みたいと言っております。

次にリフォーム現場の報告です。
DSCN1575.JPG

〈解体前〉
DSCN1649.JPG
〈解体後〉
これから大工工事へと進んでいきます。
工事の進展については次回報告させて頂きます。

天気に気をつけながら確実に工事の方進めて参ります。
以上です。ではまた…