梅雨

梅雨らしい天気になってきました。
天気予報を見てもしばらく雨が続きそうです。
ジメッとした重い空気の日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日上棟を行った昭和区の現場の様子を、報告をさせて頂きたいと思います。

上棟当日の天気は、曇りでした。
太陽が出る時間こそ少なかったですが、職人さんが作業をする上では
最適な環境で上棟を行うことができました。
梅雨時期にも関わらず、雨が降らなかったことは奇跡だったと思います。
なお、今回の現場は1階がRC造、2・3階が木造となっております。
当然作業する高さも、通常の2階建てに比べて高くなっています。

IMG_5268.JPG
こちらは外観です。
1階RC部分は内部外部共に打ちっぱなし仕上げです。
上部を通る電線が見えますが、クレーン業者と事前に打合せ行い
当日は効率良く作業進めることができました。準備は大切だと改めて感じました。

IMG_5278.JPG
内部の写真です。
ビルトインガレージの空間として利用します。
上棟時には、職人さんの休憩スペースとして利用させて頂きました。

IMG_5210.JPG
こちらは、お施主様が山で選んだ大黒柱です。
大工さんの技術を駆使して順調に組み上げられていきます。

IMG_5272.JPG
上棟当日に屋根ルーフィングの作業行い、翌日にガルバリウム張りを行いました。
これで屋根面の防水は安心です。
今後は大工工事として構造部分の作業になります。
以後、進捗の状況を報告させて頂きます。

続いて、現在造作工事真っ只中。
守山区の現場の報告です。
阿垣棟梁の技術がいたる所に発揮されています。

IMG_5248.JPG
勾配天井と長良杉の様子です。
天井に木を張ることで、優しい印象を与えます。

IMG_5166.JPG
小屋裏収納へと続く造作の階段です。
階段の下部空間を利用した収納スペースとなっています。

IMG_5244.JPG
設計の西條のアイデアを形にする大工の技術。
イメージする能力・理解する能力・それを形に出来る技術。
どれか一つが欠けていてはできない作業です。

IMG_5257.JPG
勾配天井と小屋裏の空間。そして奥に見える造作の階段です。
少しずつ形になっていきます。

IMG_5263.JPG
こちらは軒天の杉板張りです。
クリア色で塗装済みです。
壁面はそとん壁で仕上げます。
天気都合があるので、天気予報をしっかり確認し作業行います。

今後は、造作工事を経て仕上げ工事に進んで行きます。
クロス・タイル等々、仕上がりが楽しみです。
また報告させて頂きます。