新たな現場が動き出しました!

お久しぶりです!
本日は田口が更新させていただきます。

さっそくですが報告です!
新しい現場が動き出しました!

工事が始動するときから現場を見ることは初めてなので、
作業をする意味を一つずつ理解しながら進めています。

地鎮祭から始まり、建物の位置を出す為の墨出し。
建物の耐力を高める為に地中に打ち込む鋼管杭。
これらの作業を終えた後、いよいよ基礎工事の始まりです。

DSC05748.JPG
まずは、建物の位置・基礎の高さ・水平などを決める丁張りです。
この作業を間違えると基礎工事は完成しません。
注意深く作業を進めていきます。

2.JPG
次に、掘り方です。
この作業は、基礎をつくるために地盤を掘削する作業です。
掘削し終えた地盤には砕石を敷き込み、転圧といった、
地盤面の支持力を高める作業を行います。

3.JPG
防湿シートを敷いた後、捨てコンクリートを打設します。
捨てコンクリートは、今後の作業の基準となる墨出しをする為に
行う作業に当ります。

この後、墨だしを行い基準の確認をした後、配筋を組み始める作業
へと工事は移っていきます。

どの作業もとても大切な作業です。
今後も、行う作業の意味を一つ一つ理解した上で、皆様に
しっかりとした現場の様子を報告していきたいと思います!
ではまた!