1月21日構造見学会イベントの報告

こんばんは!
本日は、現場監督の井出が更新致します。

スポーツ・相撲が熱いですね。
初場所・・・大関稀勢の里優勝 日本出身の横綱誕生ですね。19年ぶりだそうです。テレビの前で興奮された方も多いのではないのでしょうか?
日本人が活躍するとやっぱり興奮してしいます。優勝インタビューも良かったです。感動しました。
相撲.jpg相撲2.jpg

さて今回ですが、1月21日(土)に構造見学会が行われました。
当日の様子などを報告致します。

当初1月14日に予定していましたが、雪のため開催を翌週に延期にいたしました。
天気都合とはいえ予定通り行うことが出来ず参加予定だったお客様申し訳ありませんでした。

では構造見学会の当日の模様を報告致します。

現地に着くと、まずは、構造の部分をお客様と見て周りました。
〇仲建設の家造りの考え方や 〇大黒柱・植林ツアーの話し 〇断熱材の特性 〇自然素材の良さ 
をお伝えしながら現場を見ていただきました。

主要な構造部分(柱・梁)はもちろん、電気配線・水道の配管、壁には断熱材(羊毛)が入っており、完成しては隠れてしまう多くの部分を見ていただくことが出来ました。
また、見学会を延期したことで当日ユニットバスの組み立てている場面も見ていただくこととなりました。
IMG_1366.JPG
IMG_1364.JPG

また大工さんとの交流では大工さんの自己紹介も含め、
「やりがい」や「仕事をしていてつらい事」など話していただきました。

IMG_3269.JPG

今回も大工さんにカンナ掛けということで実際に見学会の最中に行っていただきました。
最初、井出・田口によるカンナ掛けを見ていただきましたが、自分にいたっては細くすぐカンナ屑がきれてしまい、
大工さんに言わせるとこういうカンナ屑をねずみのシッポというようです。

やはり大工さんは凄いですね。カンナから出る削り屑が均一で圧巻の技術でした。

その後、参加していただいたお客様にも大工さんにレクチャーして頂きながらカンナ掛けを体験をして頂きました。今回の大工さんだけでなく、仲建設の職人さんは気さくな方ばかりです。
今後も大工さんのみだけでなく、違う職人さんの技術を体験していただくようなイベントを企画していこうと思います。
楽しみにしていてください。

また、 この場を借りて、改めてご来場頂きましたお客様と このイベントにご協力してくださったお施主様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

次回のイベントは、2月18日(土)開催 木が製材されるまでの軌跡を知る見学会です。

イベント情報に先日詳細を掲載しております。

ご興味のある方は是非下記の申し込みから参加してください。お待ちしております。