現場報告

工事監督の井出です。

先週は七夕で子供が短冊のぶら下がった竹を持って帰ってきてきました。
それを私に見せたいがために夜遅くまで起きてたそうで悪いことをしたなと・・・
どこの企業でもそうだと思いますが、私も行事ごとがある日だけではなく日々早く帰ることを意識して仕事しなくてはと感じました。

さて現場の報告です。
まずは一宮の現場です。上棟から1.5ヵ月が経過致しました。
進捗状況としては、床・階段の施工が完了し現在壁・天井の下地を行っております。
一つ一つ手作業で大工さんが工事を一人で行っております。
8月から棚の取り付けや家具工事とどんどん家らしくなってまいります。
お盆明けには足場が外れ外観がわかるようになります。またその頃に報告いたします。

続いて北区です。
構造の金物・サッシが取り付いてまいりました。なかなかこの雨で思ったように作業が進みませんがその中でも天気都合を見ながら屋根は出来上がりました。
天気予報をみてもずっと雨マークです。前日の夜には朝見た天気が変わってるぐらいです。
その中でも予定を組み協力していただいている職人さんには感謝でしかありません。
一日でも早く梅雨が明けないかと思うばかりです。

次回はそれぞれの現場の進捗状況とこの間地鎮祭が終わり月末より新しい現場の工事を開始いたします。
その報告もあわせてできるかと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。