最近読んだ本のお話

本を読む時間がなかなか取れないここ数年ですが、すきま時間に少しずつ読み進めているのがお笑い芸人、オードリー若林さんの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」。キューバ・モンゴル・アイスランドへ旅行した時のことを綴っている本です。

今海外に行くことは出来ないですが、旅行している若林さんの話を読んでいると、現地の空気感が伝わってくるような感じがしてなんだか楽しく読み進めることが出来ました。旅行中に家族のことを考えていたり、自分自身の性格についても書かれているのですが、クスっと笑えたり、じんわりと心が温かくなったりします。


長編の物語を読むには、集中できる時間が足りないなぁと思うこの頃ですが、1日10分くらいゆっくりと本を読む時間もまたいいなぁと思います。
皆さんはゆっくり自分時間を楽しむことが出来ていますか?