木材の保護塗料 part1

暖かい日が続き、天気もよくって気持ちいいですね。
最近は、事務所のドアを開けてお仕事をしていますよ!
風が気持ちよくって、とても気分がいいです。

k51_IMG_1648_01.jpg

前回、社長のブログで桧のまな板についてブログで紹介していました。

私は、そのまな板に社名の焼き印を押しました。
どうですか?少し濃すぎる?!
でも、くっきりと押されていますよね!
なかなか楽しかったです♪


今週の『加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド?!」』は木材の保護塗料についてレポートします。

k51_IMG_1245_02.jpg

さて、こちら!
木材の保護塗料の「キシラデコール」です。

外部で使われる木材(ウッドデッキ等)に使用されるこの塗料は、
害虫や腐朽を防ぐ為のものです。

この写真の「やすらぎ」は、
木の色や質感、木目の美しさをそのまま生かした無色透明の塗料で、
その他に色を着色するものもあり、
紫外線や雨から木を保護してくれます。


k51_IMG_1239_03.jpg

こちらは、塗料を乾かしているところ。
こういう下準備をして、木を保護していました。

外部で使用する木材には、こちらを使用しますが、
内部では、蜜蝋(みつろう)を塗っています。


次回は、蜜蝋についてレポートしたいと思います!