社内での会話。

事務の石川です。
先日の社内での会話です。

「ここの納まりこうしようと思うんだけど、」
「この方がきれいじゃない?」
「○○さんは木が好きだからこっちの方が喜んでくれるかな。」

このような会話が日々繰り返されています。

建具ひとつ収納ひとつ本当に細かいところまで
「う~~~ん」って考えて図面におとしているのを見て

「これお客様に伝わるといいのにねぇ」という私に

ブログに書いてくれればいいのに!と上司からツッコミを頂き
あははっするどーい!ということでネタにしました。

私は仲建設に入社する前は建築とは全く関わりのない
職場で働いていました。

ただ前にも書いたことがあるのですが、昔から「家」が
大・大・大好きだったのです。

それで同じ事務職でも好きなものの近くがいいという思いから
現在に至ります。

昔からただ漠然とどうやって家の形になっていくんだろう・・・?
とは思っていたのですが、実際近くで見ていると本当に
一軒一軒、こんなに考えるのー!
こんなとこまで考えてるのー!
とびっくりしました。

きっと私の目にしていることは一部なんだろうと思います。

それでも私がお客さんならきっと気がつかないような所まで
ちゃんと考えられているのです。

入社して6年以上たちますが、未だに大変だねーと感心します。

でもこれくらいしないとお客様の大切な「家」を任せられているという
責任を果たせないという事なんだと思います。

なんて、自分たちの思いばかりあってもお客様の要望に
100%お答えできて満足頂いているとは思いません。

時には失敗し、時にはおしかりも頂き、ご迷惑をおかけ
していることもあると思います。

でも仲建設のスタッフは自分たちの家づくりには自信をもち一軒一軒の「家」に愛情と、
お客様に少しでも喜んで頂きたいという強い気持ちで毎日頑張っています。

きっとこの思いはお客様に伝わっていますよね~?

そのせいなのかご縁のあるお客様は皆様素敵なご家族ばかりです。
本当になぜこんなにいい方ばかりなのか不思議です。
だからみんな必死になれるのかもしれません。

そして私が思う仲建設の自慢は
仲建設のスタッフはみんなとても優しくていい人たちなんです。

だから普通の私がとっても優しくない人に見えてしまいます。
そんなにヒドクなくてよ!(プンッ)

私は経理です。甘くはなくってよ!!
どんなに忙しそうでも見て見ぬふりではなく
見えてて尻をたたく!

おーほっほっほ!