コンセントとスイッチと・・・

無事に更新が出来ました(笑)

毎週金曜日恒例(にしていきますよっ!)
“加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド!?」”

今週もよろしくお願いします!

今回は、『コンセント・スイッチ』についてです!

コンセントやスイッチは目立つものではないですが、
必要不可欠で、なおかつよく使うものです。

このコンセントやスイッチは
どのようにとりつけられているのでしょうか?

先週にお届けしました、『壁』に取り付いているということもあり、

壁とコンセント・スイッチは切っても切れない関係なのですが、

みなさんはコンセントやスイッチが、どのように取り付けられているかご存知ですか?

k02_100_3188_01.jpg

実は柱に取り付けているのです!(キラリン!)

壁も支え、屋根も床も支えているのに、
コンセントやスイッチまで柱にくっついてしまうんですね!

この写真は、コンセントが間柱に取り付けられています。

家具や使用用途などによって
取り付け位置や高さを決定しています。


k02_100_3207_02.jpg

柱に取り付けられたスイッチやコンセントから、

何やら灰色のコードが出ています・・・

これどこから来てるんでしょうか・・・?

上を見上げると・・・


k02_100_3204_03.jpg

天井裏から無数の灰色コードが・・・!

この灰色コードは電気配線で、
スイッチやコンセントの数だけ線が通っているんです。

実際にコンセントを利用していると、
コードがぐしゃぐしゃになったりしますけど、
天井裏のコードは、こんなにきれいに固定されているんですね(苦笑)

私の部屋も見習わないと・・・(汗)


コンセントやスイッチって意識しないと見えてきませんが、

プランニングの段階で位置をきちんと決めると、

目立たないところに取り付いていて、お部屋もスッキリして見えます。

壁や天井の裏から電気が通っているって思うと、
なんか面白いなぁと思った今日この頃です。

来週も金曜日にお会いしましょう!
お楽しみに~♪