どうなってるんだろうシリーズ~天井~

毎週金曜日恒例になりつつあります
“加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド!?」”
今週は現場からお送りいたします!

さて、皆さんは天井裏ってどうなってるか知っていますか?
k04_100_3157_01.jpg
1階の天井と2階の床との間に、

隙間があるのが見えますか?

ここを電気の配管などが通っています。


では、天井がどのように作られているか、見てみましょう!

カーソルを写真の上にのせてみてください。

まず、水色の部材(吊木)を梁にとめます。

その後、ピンク色の部材(流し・受け)を吊木にとめます。

流しに直行させて、緑色の部材(野縁受け)をとめて、

野縁受けに直行させて、
オレンジ色の部材(野縁)をとめます。


これが、天井の下地となります。

このように天井の仕上げを張るまでに、
多くの部材によって天井は出来ているのです!

k04_IMG_0122_04.jpg

こちらの写真は、
ボードを貼った状態(左側)と下地の状態(右側)です。

ボードを貼っている場合は、クロスの仕上げがほとんどです。

右側の下地をみて、部材の名前がわかりますかぁ?(キラリン!)

上の写真を見ながら当ててみてください♪


k04_100_3172_05.jpg

こちらは逆立ちしてませんよ!(笑)

天井も木の板で作ることが出来ます。

この写真は、杉の天井です。

床も天井も天然素材に囲まれた
素敵なお部屋だろうなぁ・・・

うっとりしますねぇ・・・

今回、初めて杉の天井を見ることが出来ました!

仕上げ材を見るのは、初めてだったので嬉しかったです。

天井はいろいろ初めて聞く部材が出てきましたが、
落ちてこないように、きれいに見えるように
と工夫されているのがわかりました。

天井も奥が深いなぁ・・・

さて、次回も現場からのリポートを予定しています!
ちゃんと更新できてるか確認しに来てくださいね!