この金物って何?~第3回目~

梅雨はどうしちゃったのでしょうか・・・
じめじめ蒸し蒸しした日は続いておりますが、このまま夏が来てしまうのでしょうか?

先日、七夕でしたね。
帰りのバスで、幼稚園の男の子が、短冊をつけた笹を持っているのを見ました。
最後に短冊にお願い事を書いたのは、いつだったっけ?と思い返しましたが、
きっと小学校の頃以来してなかったと思います。
みなさんは、どうでしょうか?

毎週金曜日恒例の
“加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド!?」”
今週は、3週連続で、金物についてお送りいたします。

先週の予告通り、少し目線を下げて金物を探しますと・・・

k09_IMG_0103_01.jpg

コンクリートの土間の上に、
基礎というコンクリートの立ち上がりが
ないところで、土台を支えている金物です。

鋼製束という名前です。


K09_IMG_0097_02.jpg  k09_IMG_0081_03.jpg


土台と柱をくっつけている板状の金物が見えますね。
これはホールダウン金物と言います。
この金物は、筋かいの負担の高い所に取り付けられます。
位置は、専用の計算式によって、割り出されるのです!(キラリン)

右の写真と左の写真で、プレートの大きさが違いますが、
これは、計算によって割り出された、その位置に適した金物を取り付けています。
強度別にいろいろな種類があるのですよ。

さて、少し難しいところもあったかと思いますが、
みなさんは金物について少し詳しくなったなぁと思っていただけましたでしょうか?
私は、かなり勉強になりました!

次回は、金物シリーズから抜け出そうと思っています。
また面白い金物を見つけましたらご報告しますので、楽しみにしていてくださいね!