壁仕上げ~壁紙編②~

暑い日は続きますが、朝晩は少し過ごし易くなってきたように感じます。
皆さんはいかがでしょうか?

先週アップした壁紙についての第2弾!
今週は写真いっぱいでお送りいたします!
特別ゲストに、田中が出演してますよ~
そちらにも注目して、ご覧ください。

先週ののりづけされた壁紙のお話までしましたね。
今週は壁に貼り付けて完成までを追っていきますよ!

k15_IMG_0278_01.jpg

壁紙は幅が大体90cmくらいなので、
一枚で部屋の壁全部は貼れないんです。
だから必ず継ぎ目ができちゃいます。

でも継ぎ目が目立たないように、
写真のように重ねて貼るんです!
何故かというと・・・
最後の写真で明らかになります!

最後まで読んでくださいね(キラリン)

k15_IMG_0280_03.jpg

壁紙を壁に軽く貼ってから、刷毛を使って
壁紙のしわや空気を逃がします。

k15_IMG_0281_04.jpg

刷毛の拡大した写真はこちら!

上の写真を見てわかるように、
手のひらより大きい刷毛です。

k15_IMG_0282_05.jpg

こちらは、部屋のコーナー部に
壁紙がきれいに貼れる様にしているところです。

隅は刷毛やコロコロではきれいに貼れません。
ここで、この道具を使って、
コーナー部もしっかり押さえるんですよ!

k15_IMG_0283_06.jpg

さて、きれいに壁紙が貼れた所で
一番初めの重ねて貼ったところに戻ってきますよ!

定規で壁紙を押さえて
カッターで壁紙を切ります。

2枚重ねて壁紙を切ることで切り口が同じになり、
重なった部分の壁紙を取り除いてあげると、
ほら継ぎ目がぴったり!

k15_IMG_0279_02.jpg

そして最後にコロコロが登場します!

このコロコロ・・・
正式名称がわからないので、この名前で通しますね^^;

先ほどの壁紙の継ぎ目部分を
壁紙の上からコロコロ~とさせます。
(継ぎ目が分かりにくいので、
重ねた壁紙を無しで写真を撮っています)

そうすることで壁紙を
しっかり貼り付けることができます。

これにて、壁紙貼り終わり! となります。

いろいろな道具を使って貼られているんですね。
私が貼ったら、ヨレヨレのしわしわになってしまいそうです・・・

次回は、大工さんの道具についてお送りします!
お楽しみに♪