壁仕上げ~薩摩中霧島壁編②~

今週は、肌寒いなぁと感じる日が多かった気がします。
風邪をひいてしまったという方もいらっしゃるかもしれませんね。
あったかいご飯を食べて、しっかり寝てという生活を送っている私は、風邪もひかず、健康体です。

先週の休日に、友人のダンスの発表会や結婚式へ参加したりと
多忙な2日間でしたが、とっても楽しんできました。
なかなかに貴重な休日でしたよ。

今週の『加納のメガネがキラリン!「あの~撮っちゃいますケド?!」』
今週は、先週に引き続き、「薩摩中霧島壁」についてお送りしたいと思います。

k23_IMG_0042_01.jpg

こちらは、竹廣左官さんです。
中霧島壁の他にも左官の工程で
お世話になっているのですが、
今回は、作業中にお話を聞きながら
いろいろ教えていただきました!

前回、こてで掬い取ることが難しい
というお話をしましたが、竹廣左官さんに聞いたところ
「板とこてを逆方向に動かしながら掬う」
と言われていました。
こてだけで掬い上げているだけではなかったのですね。

見ていると簡単そうに見えるのですが・・・
匠の技ですねぇ。

k23_IMG_0053_02.jpg

こちらが仕上がった壁です。
こてで作られた自然な模様から
手作り感を感じますね。

自然素材を利用しているので、
既製品にはない風合いを感じました。

光の当たり方によって
いろいろな表情が出てくる
面白い壁ですよね。
清潔感のある白色で、
とっても素敵でした!

k23_IMG_0049_03.jpg

壁の角は変わった形のこてで
きれいにならしていきます。

ここは、扉があるところの壁です。
細かい作業も、
すすーっと仕上げていらっしゃいました。

k23_IMG_0052_04.jpg

こちらの写真は、
先程のこてを使った壁の角です。

角がかくかくしていなくて、
なんとなくやわらかそうな仕上がりです。

こういう細かいところにも注目してみると
いろいろ見えてきますね!

k23_IMG_0059_05.jpg

さて、この写真・・・
きれいにならした壁に模様を入れています。

この道具は、くしびきといい
塗り壁に模様を入れるための道具です。

目の細かさによって、道具は
数種類用意されているそうですよ。

自然な風合いの薩摩中霧島壁・・・いかがでした?
お客様で、自分でやってみたいというご要望があるときは、体験していただいているそうですよ。
自分の家で、自分が作った空間があるというのは、いいですよね。

さてさて、次回はどんなことをレポートしようかなぁ?
来週もお楽しみに!