赤沢自然休養林にて

心地よい天気が続いて、外を歩くと汗ばむくらいですね。
先日、おつかいで外を歩いてきたのですが、5分の往復で若干頭がふらつきました・・・
今年の夏は節電などで、厳しいことが予想されますが、自分の体を鍛えなければ!と切に思った午後でした。

さて、この間行った赤沢の森は涼しかったですよ!
今日はその赤沢自然休養林で学んだこと、見てきたことをレポートします!

k54_IMG_1700_01.jpg

皆さんは「木曽五木」って知っていますか?

少し見えにくいかもしれませんが書かれていることは、豊臣秀吉の時代から江戸時代にかけて、築城などによって木材をたくさん伐採してしまい、山を守る政策が打ち出されました。
桧などの良質な木を守ろうというものでした。
5木とは、
ヒノキ・サワラ・ヒバ・コウヤマキ・ネズコを指します。

当時、「木一本、首一つ」と言われ伐採したときの罰はかなり重かったことがわかりますね。


k54_CIMG5075_02.jpg

5木の写真です。
見分けがつきにくい木ですが、葉の裏をみると特徴があるようですよ!
コウヤマキは、ご生誕された悠仁(ひさひと)親王のお印だそうです。
コウヤマキは紀伊・高野山辺りに多いことから命名されたと言われています。


昔から、木曽の桧は良質であったことを知ってなんだか誇らしくなりました。
地元ですし、私も出来ることで桧を守っていきたいなぁと感じました。

次回は、伊勢神宮のご神木となった木についてレポートします!
お楽しみに!