メンテナンスしてきました!~洗濯排水お手入れ編~

恥ずかしながら、今週風邪をひいてしまいました。
規則正しく生活していたつもりだったのですが、つもりがよくなかったという感じでした。
気を引き締めて、年末に向けてお仕事頑張っていきます!

さて、年末が近づいてきましたね。
ということは、大掃除も頑張らなければならないなぁとなりますよね。
今回レポートするのは、大掃除でもなかなか手を回すことが少ない場所のメンテナンスです。

洗濯機を使うと、糸くずやホコリなどが排水とともに流れていきますね。
今の洗濯機だと毛布なども洗ったり出来ますし、ゴミが溜まってしまいます。
きれいに取り除いてあげましょう!

もしかすると、故障かな?と思ってしまうことも、このゴミの溜めすぎだったりします。
排水不良を起こしているかもしれませんし、定期的にゴミを捨ててあげましょう。

k85_IMG_2306_01.jpg k85_IMG_2299_02.jpg
というわけで、今回のレポートは、洗濯排水のメンテナンスです!
排水口の根元のネジをゆるめて、接続口を取り外します。

写真では洗濯機の排水ホースがついていませんが、ホースに水が溜まっていたりするかもしれないので、接続口を取り外す時は気をつけてください。


k85_IMG_2301_03.jpg

その下に、ゴミ溜めがあります。
排水トラップとしての効果もあるので、水と一緒にゴミを捨ててください。


k85_IMG_2302_04.jpg

そして、ゴミ溜めをきれいにゆすいだら、水を入れて元の位置に戻してください。
これで、臭いなどが室内に入ってこないようにすることが出来ますよ!


こうやって、見えないところにゴミは溜まるのです。
ゴミが溜まれば、水は流れにくくなるわけで、急に動かなくなったりすることもあるそうですよ。

故障したかな?と思ってメーカーさんを呼ぶと、出張料金を取られてしまったりするそうなので、一度ゴミを取り除き様子を見てからでも遅くありません!
自分で出来る範囲のことは、自分でやってみましょう!