仲建設らしいテレワーク空間とは

7月下旬に入ろうとしておりますが、まだまだ梅雨が明けないあたり地球温暖化などの環境問題が目に見えて深刻化しているだろうと感じております。

設計部広報担当の伊藤です。

この時期になりますと地元の川沿いでは蝉が騒いでいるのですが今年は全く聞きませんね。

 

さて、ただいま仲建設では自然素材をふんだんに使ったテレワーク空間を作成しております。

今回の試作2号は大工さんに作っていただきました。

前回の試作1号よりもマンションやアパートのエレベーターに乗せることを考えサイズを小さくし、運送のことも考え軽量化をしました。

試作1号と比べても全体的にコンパクトになり可愛らしいくなったと思います。

個人的には閉まっている状態の少し無機質な外観と、開いた状態の木の温かみを感じることのできる内観の違いがめりはりがあり気に入っております。

まだまだ改善の余地はありますのでより良いものになるように取り組んでいきたいと思います。