自然の魅力

設計部広報の中島です。
長い梅雨が明け、心は晴れやかになりましたが夏の暑さに参っています。涼しいところへ、羽を伸ばしに行きたくなってしまいますね。

さて、先日東濃桧が育つ恵那・中津川の森林へ見学にいってまいりました。

自粛のため例年より家にこもることが多かったので、木陰の涼しさと開放的な大自然の空気にはとても癒されました。東濃桧の育つ姿を間近で見るのは初めてでしたので、木々の力強さには圧倒されます。

昨年の植林ツアーにて植えた苗木は、1年が経ち順調に背を伸ばしています。

50年、100年と…長い時間をかけ、ゆっくり、少しずつ年輪を重ねていき育っていきます。木造住宅の構造材・仕上げ材にも使われる、家づくりには欠かせない大切な樹木です。
良い木を使って家づくりができるのも、森林組合の方々や、仲建設の考えに共感して家を建てられたお施主様。植林ツアーに参加してくださった皆様の協力のおかげです。

山や人々への感謝の心を忘れず、国産材の家づくりの魅力を伝えていけたらと思います。